本文へスキップ

街角ライブ&コミュニケーション

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.047-350-3101

〒279-0012 千葉県浦安市入船1-4-1-4階

コンセプトUスタイダン Vol.20



ゲスト 荒川なおこ氏


さすが、なおこさん!

洋一郎:あっ、そうそう!なおこさんはUスタに何回くらいいらしてます?
荒川:そうねえ。10回くらいかしら。
洋一郎:そんなに!うれしい。
石岡:ありがとうございます!
洋一郎:応援してくださって、ありがとうございます!
荒川:チケット完売で入れなくて、帰ってきちゃったこともあります。
石岡:すみません!どなたがゲストのときなんだろう・・・。
洋一郎:正直、なおこさんから見てズバリ!Uスタはどうですか?
荒川:すごく良い形だなあと思いますよ。
洋一郎:いきなり褒められちゃった!(笑)
荒川:う〜ん。ダンスのゲストのとき、後ろの席だと見えにくいですね(笑)
洋一郎:なるほど〜。
石岡:そうですよね。よくご意見いただきます。
洋一郎:物理的に客席とステージを同じ高さにすることで、精神的にも観客とアーティストとの距離を縮めたい。そこはUスタのポリシーでもあるんです。
石岡:そこで花道を作り、より近くでパフォーマンスするなど、工夫をしながら快適な観覧を提供したいと考えています。
洋一郎:なおこさんで印象深かったのは・・・。
荒川:アコーディオンでしょう!
洋一郎:そうです!
石岡:私も同じです!
洋一郎:原田さんのときね!
石岡:2015年3月開催の「Uスタイルvol.49」ゲストの原田のりあきさんは、アコーディオンの修理やヨーロッパからの輸入販売を手がける「東京ベイアコ」という工房を営んでいらっしゃいます。
洋一郎:あの時、ライブが終わってからアフタートークで楽器に触れてみようというコーナーをやったんだよね。で、なおこさんが率先して前に出てこられて・・・、女子高生もビックリな、派手にデコられたアコーディオンをね!
石岡:一番装飾がキラキラしている楽器を選ばれたんです!
荒川&洋一郎:(笑)

洋一郎:人前で手を挙げたり、ましてやステージに立ったりって、本当は心の内ではグイグイ行きたくても、自分から進んでというのはハードル高いですよ。
荒川:けっこうアットホームな雰囲気でしたから。
洋一郎:なおこさんがパッと前に出てくださったから、周りの方の気分もグンと一段階上がって、あの盛り上がりに繋がったのかなと思います。「さすが、なおこさん!こういう場をよく分かっていらっしゃる!」ってね!
荒川&石岡:(笑)
洋一郎:とにかくうれしかったし、助けていただいたことが有難かったです!

敷居が高いとか思わずに覗いてみて

石岡:なおこさんからUスタに何かご意見ありませんか?
荒川:個人やグループ、一つにフォーカスするのではなくて、色んな方々とコラボレーションしてもらうなんていかがかしら。
洋一郎:新しい人を紹介するだけでなくて、新しいコトを発信するのも良いですね!
荒川:ミュージシャンって結構その場でもできたりしますから(笑)例えば、私の知ってる和楽器の方々・・・
洋一郎:三味線や琴・・・?
荒川:尺八とか。彼らはチャンスを求めているんです。ビートルズから何でも演奏しますよって言われますね。
石岡:ビースティーレに招いた邦楽演奏家はどんな方がいらっしゃいますか?
荒川:琵琶です。
洋一郎:大きなバチでベベン♪って音を出すアレですよね?生で聴いてみたいね。琵琶法師、平家物語ってイメージしかない(笑)
石岡:この空間でっていうのが、また面白いですね。
洋一郎:新年も迎えたことだし、僕たちも色んなことにチャレンジしていかなきゃね!
石岡:そうですね。なおこさん、ビースティーレでは自主企画以外に、他からの持ち込みでイベントを開いたりしているんでしょうか?
荒川:してますよ!
石岡:いわゆる場所貸しという感じでも?
荒川:はい。正直なことを言うと、浦安の方からのそういったご要望は、これまでは少なかったです。
洋一郎:Uスタをここでやるっていうのは、どうなんでしょう?
荒川:ぜひ!地域に貢献できることでしたら喜んでお引き受けしたいです。ここは45人くらいお席が作れますよ。
洋一郎:これは心強い!
石岡:実現させたいです。
荒川:こうやってお話しして、世界が広がっていくのって楽しいです!
洋一郎:さて、ビースティーレでパフォーマンスや展示をしてみたいという方は、まず、どうしたら良いんでしょう?
荒川:メールやお電話でご連絡の上、直接ここに来ていただくのが良いと思います。
洋一郎:オーディションなどがあるんですか?
荒川:オーディションは特にやってませんが、お話伺って可能かどうか考えてからですね。
石岡:よく分かりました。これを読んでる皆さんにお伝えしたいことはありますか?
荒川:そうですね。敷居が高いとか思わずに覗いてみてください!(笑)
洋一郎&石岡:(笑)
洋一郎:ビースティーレをやっていく原動力って何でしょうか?
荒川:人や人間関係を育んだり、思いがけない出会いが生まれたりしたとき、「私、良いことをしたかもしれない!」と思うことはありますね(笑)
石岡:素晴らしい!
洋一郎:素敵!浦安、そして舞浜の文化・芸術の発信基地として益々発展していただきたいです。今日は良いお話を聞かせてくださり、ありがとうございました。
荒川&石岡:ありがとうございました!