本文へスキップ

街角ライブ&コミュニケーション

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.047-350-3101

〒279-0012 千葉県浦安市入船1-4-1-4階

コンセプトUスタイダン Vol.3 ゲスト 南山光徳

もう一歩先へ

南山:で、今回このようなことがあって、もう一歩先に行きたいなって。
石岡:もう一歩先ですか?
南山:チャリティーを通すと見ていない人たちの為にも踊れるっていう。
石岡:直接的ではなくてもね。
南山:自分だけじゃなく参加した人たちみんなが成長出来るんじゃないかな。
増山:凄くイイ話し!!
石岡:自分もちゃんと音楽やろうって決めたのが、中国に植樹ボランティアに行ったときに歌ったことがきっかけで。
南山:中国ですか。
石岡:相手が明確だから、歌うことの意味が明確で。やっぱりそこから自分の成長に繋がっていったと思うなぁ。
南山:今回チャリティーイベントに参加する人たちがたくさん居るけれど、良い相乗効果になると思いますよ。
洋一郎:ひとつのテーマでみんなが会するって、こういう機会を逃したら中々無いんじゃないかな。
増山:今、世の中って多様化しすぎて一致団結しにくい時代っていうか。
洋一郎:でもひとつに成らなければ、切り抜けられないことが起こるんだなって思いますよね。
増山:こういう実行委員会を立ち上げたやり方どうですか?
南山:いや本当に相談しに来て良かったなって。

「失敗したっ」とは言えないですよね(笑)

石岡:この場で「失敗したっ」とは言えないですよね(笑)。
一同:大笑
増山:3人(洋一郎、増山、石岡)お喋りだし、ガツガツ系だし。
洋一郎:後悔してないですよね?
南山:(笑)いやいや。今まで大体ひとりで決めて来たんですよ。
増山: 社長※さんだしね。(※SQUARE ENTERTAINMENT 代表取締役。)
南山:イベントとか発表会とかも主となる部分はひとりで決めて。
石岡:人がたくさん関わると大変なことも多いですからね。

あっ、こんな考え方もあるんだ

南山:でも色々なかたの話しを聞くことにより、あっ、こんな考え方もあるんだって気づかされたり、本当に勉強になります。
洋一郎:新しい刺激がありますよね。
南山:やっぱりひとりでやってるとワンパターンになっちゃたり。
洋一郎:今回もみなでタイトル考えたり、いっしー(石岡)がロゴを作ったり、自分ひとりじゃ出来なかったですもんね。
石岡:みんなのバランスが良いんでしょうね。だって実行委員会ミーティング苦じゃないし(笑)
増山:このイベントで重要だと思っていることがあるんですよ。
石岡:なんですか?
増山:この被災した浦安の、地元のアーティストから発起したって所ですよ。
洋一郎:なるほど。
増山:もちろん、よいことなんだけどチャリティーイベントとかで、東京から来てドーンっとやって帰って行く。
石岡:それで地元アーティストが、取り残されるなんてこともありますよね。
増山:今回地元のアーティストが、自発的にやっているって所が嬉しいです。
洋一郎:南山さんが発起人、実行委員長っていうのは大きいですよ。
石岡:またUスタの繋がりでこうやって、進めてこれて嬉しいですよね。
南山:そうですよね。
石岡 :先ほど南山さんが「みんな何かしたいと思っているんじゃないか」って言われてましたけど。
南山:はい。
石岡:私も、洋一郎さんも「何かしたい」って思ってたんですよ。
洋一郎:うん、うん。

Uスタの繋がり・Uスタファミリー

石岡:で、Uスタの繋がりで、こうして一緒に作っていけるって嬉しいです。
増山:この繋がりとか絆って、計り知れないものになってきてるよね。
南山:Uスタファミリーですね!!
石岡:では、南山さんチャリティーイベントに向けての意気込みをぜひ。
南山:阪神大震災のときに、ダンスの先生が被災して、現地に手伝いに行ったんですね。
街の風景を見て。本当にあれは凄かった。
その時は先生のためだけに、行ってたんですけど、あの時の経験は、今の自分にとても活かされていると思います。

イベントへの意気込み

今回もこのイベントで、準備とか凄い大変ですけど、関わった方たちの良い経験にもなればと思います。もちろんチャリティーも。みんなのためにも、自分のためにも大成功させたいと思います。
一同:大成功させましょう!!

東日本大震災復興イベント
「がんばろう浦安、つながろう日本」
       〜チャリティーライブ〜
開催日時:2011年6月5日(日)  開場:12時 開演:13時
場所:浦安市文化会館大ホール
HP:http://ganbarou-urayasu.jimdo.com/