土日対応のファクタリング。GW祝日対応可

目次

土日でも資金調達できるファクタリング5選

それでは次に、土日でも資金調達できるファクタリング業者を、5社厳選して紹介いたしましょう。

QUQUMO

ビートレーディング

日本中小企業金融サポート機構

ラボル

ファクタリングベスト

ペイトナーファクタリング

ウィット

みんなのファクタリング

サービス名 入金時間 法人・個人対応 取引の形態 買取可能額 手数料 特徴
QUQUMO 最短申し込み
10分
2者間ファクタリング 制限なし 1%~ 完全オンライン完結可能で必要書類も少なく、フリーランスが利用しやすい。
最短入金速度が業界でもトップレベルで速い!
ビートレーディング 最短2時間 2者間・3者間ファクタリング 制限なし 2%~ 3者間ファクタリングにも対応しているから希望で選べる!
ファクタリングの実績が豊富で無料LINE相談可能!
日本中小企業金融サポート機構 最短30分審査(入金までは最短当日) 2者間・3者間ファクタリング 制限なし 1.5%~ 赤字法人でも利用しやすい!
ラボル 最短60分の審査完了後当日振り込み可能 2者間ファクタリング 制限なし  一律10% 完全オンライン完結可能なうえ、買取金額や審査結果によって手数料が変化しないため、資金調達後の事業計画を立てやすい。
ファクタリングベスト 最短3時間
(法人のみ)
2者間・3者間ファクタリング 選択したファクタリング業者に準ずる 選択したファクタリング業者に準ずる 評価の高いファクタリング業者へ相見積もりを出すことで、最も条件の良い業者を探し出すことができる、ファクタリング業者比較サービス。
ペイトナーファクタリング 着金まで最短10分 2者間ファクタリング 1万円~25万円(初回) 一律10% 個人向け・小口取引メインのファクタリングで、取引回数や審査状況に関わらず、手数料が一律10%なので利用後の事業計画を立てやすい。
ウィット 審査開始から最短2時間 2者間ファクタリング 500万円まで(下限なし) 5%~ 業種・業界・事業規模問わず個人でも法人でも利用可能な、少額取引特化のオンライン完結型ファクタリングで、注文書での資金調達も可能。
みんなのファクタリング 最短60分 2者間限定 1万円~300万円(初回は30万円まで) 7.0%~15.0% 少額特化・スピード入金が特徴の完全オンライン型ファクタリングで、個人事業主やフリーランスの利用者が多い。

「QUQUMO」はオンライン完結で最短10分のスピード入金!

QUQUMOはオンライン完結可能で、土日でも申し込みやすいファクタリング会社です。

提出書類は売掛債権に関する資料(契約書、発注書、請求書など)と通帳のコピー(表紙付2ヶ月分)という、たったの2点だけでOK!

準備しなければいけない書類が少ないことから思い立ったらすぐに申し込みやすく、フリーランス・個人事業主の方も気軽に申し込めます。

そしてQUQUMOは申し込みから最短10分のスピード入金が可能。総合的に便利なファクタリング業者です。

サービス名 QUQUMO
運営会社 株式会社アクティブサポート
運営会社所在地 東京都豊島区南池袋2-13-10 南池袋山本ビル3階
電話番号
入金時間 最短10分!審査完了後に即日振込
買取可能金額 上限なし
手数料 1%~
対応エリア 全国
法人・個人の利用 双方可能
取引形態 2者間取引
公式HP QUQUMOのHPはここをクリック

「ビートレーディング」は実績豊富なファクタリングで土日も安心

ビートレーディングは、最短2時間での入金となるのでQUQUMOより最短時間は長いですが、同じように書類を2点準備するだけで申し込めるので便利です。

オンライン完結に対応しているだけでなく、対面と訪問での契約にも対応しています。

専任オペレーター制度も導入していて、親身になって相談に乗ってくれます。

オンラインより対面であるほうが良いと感じるなら、押さえておきたいファクタリング業者です!

サービス名 ビートレーディング
運営会社 株式会社ビートレーディング
運営会社所在地 東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3階・4階
電話番号 0120-809-022
入金時間 最短2時間
買取可能金額 上限なし
手数料 2者間:4~12%
3者間:2~9%
対応エリア 全国
法人・個人の利用 双方可能
取引形態 2者間・3者間
公式HP ビートレーディングのHPはここをクリック

「日本中小企業金融サポート機構」は赤字法人もOK!土日でも申し込める

日本中小企業金融サポート機構は、2者間・3者間ファクタリングの好きなほうを選んで申し込みできます。

オンライン完結でき、そしてLINE相談にも対応しています。

土日でも申し込みでき、リピート利用もスムーズです。

日本中小企業金融サポート機構は赤字法人も利用しやすいファクタリング業者で、最短3時間での入金が可能です。

ファクタリングに興味があるものの、審査が不安という場合はぜひ日本中小企業金融サポート機構を検討してみるといいでしょう。

サービス名 日本中小企業金融サポート機構
運営会社 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構
運営会社所在地 東京都港区芝公園一丁目3-5 ACN芝公園ビル 2階
電話番号 0120-319-015
入金時間 最短3時間
買取可能金額 1万円~制限なし
手数料 1.5~10%
対応エリア 全国
法人・個人の利用 双方可能
取引形態 2者間・3者間
公式HP 日本中小企業金融サポート機構のHPはここをクリック

「ラボル」は24時間365日即時振込対応なので安心

ラボルの画像

サービス名 ラボル
運営会社 株式会社ラボル
運営会社所在地 東京都世田谷区用賀四丁目10番1号 世田谷ビジネススクエア タワー 24階
電話番号
入金時間 最短60分の審査完了後に即日振込
買取可能金額 1万円~制限なし
手数料 一律10%
対応エリア 全国
法人・個人の利用 双方可能
取引形態 2社間取引
公式HP ラボルの公式HPはこちらをクリック

ラボルは、中小企業やフリーランスに特化した、少額取引専門のオンライン完結型のファクタリングサービスで、申し込み後に請求書をアップロードしてから、最短60分で口座に資金が入金されるというスピード感が特徴です。

手間や時間のかかる書類の準備や対面面談・契約の必要がなく、審査結果や額面に関わらず手数料が一律10%と固定されているため、資金調達後の事業計画を立てやすいのも、ラボルを利用するメリットだと言えます。

ただし、ラボルは2社間ファクタリング限定のサービスで、3社間ファクタリングの取り扱いはしていませんので、審査の柔軟性や手数料の安さを優先するため3社間ファクタリングをしたい場合は、他の業者の利用を検討すべきです。

土日にラボルで資金調達する手順・方法

[timeline]

[ti label=”STEP1″ title=”登録”]公式HP上でメールアドレスの入力、及び送られてくる認証コード・基本情報(氏名・職種など)の入力にて会員登録をする。[/ti]

[ti label=”STEP2″ title=”請求書買取申請”]HP上の申請画面にて、請求書のアップロードや「取引先会社名」などの必須事項を入力し、買い取り申請をする。[/ti]

[ti label=”STEP3″ title=”審査完了・入金”]審査通過すれば、指定口座に請求書買取代金が入金される。[/ti]

  [/timeline]

ラボルの申し込み・手続き方法は、単純かつ簡易的なうえ必要書類も少ないため、初めても利用でもそれ程悩むことなく、サクサクと手続きを進められるはずです。

また、ラボルのファクタリングは土日どころか、24時間365日対応で審査が終了し契約までスムーズに進められさえすれば、いつ申し込んでもスピーディーに資金を調達できます。

「ファクタリングベスト」なら土日祝日でも法人対応可能

ファクタリングベストの画像

サービス名 ファクタリングベスト
運営会社 株式会社ウェブブランディング
運営会社所在地 東京都豊島区池袋3丁目34-7ビジネスパーク池袋2階
電話番号 050-6883-7363(電話では受付不可)
入金時間 最速3時間
買取可能金額 選択したファクタリング業者に準ずる
手数料  選択したファクタリング業者に準ずる
対応エリア 全国
法人・個人の利用 法人限定
取引形態 2社間・3社間取引
公式HP ファクタリングベストの公式HPはこちらをクリック

ファクタリングベストは、提携している優良ファクタリング業者の中から、最大4社へ同時に売掛金買取オファーを出し相見積もりをすることによって、最も条件の良い業者を利用者に提案する、いわゆる「ファクタリング業者比較サービス」です。

まだ今ほどファクタリングが浸透していなかった、2015年からサービスを提供しており、即日資金調達・土日対応可能のファクタリング業者も多数提携しています。

また、買取条件を比較した結果、気に入った業者がなければ契約しなくても問題ありませんし、キャンセル料などが発生することもないため、自分の力で土日対応の業者を見つけられなかったときは、是非このファクタリングベストを試してみてください。

土日にファクタリングベストで資金調達する手順・方法

[timeline]

[tl label=’STEP.1′ title=’申込’] 公式HPのトップページにあるフォームに、「お持ちの売掛金(金額)」「希望調達金額」「法人名」などの必須事項を入力して申し込みをする。 [/tl]

[tl label=’STEP.2′ title=’買取条件提示’] 複数のファクタリング業者から、手数料などの買取条件が提示されるため、1つ1つ確認する。 [/tl]

[tl label=’STEP.3′ title=’契約・着金’] 買い取り条件を確認した業者の中で気に入ったものがあれば、そこと契約し資金を入金してもらう。気に入った業者がなければ、契約しなくても構わない。 [/tl]

[tl label=’STEP.4′ title=’タイトル4′] 中身4 [/tl]

[tl label=’STEP.5′ title=’タイトル5′] 中身5 [/tl]

[/timeline]

ファクタリングベストで、最適なファクタリング業者を探す手順は、ご覧の通り非常に簡単で料金なども一切発生しないため、手間なく気軽に利用することができます。

ただし、子のファクタリングベストは「法人限定」のサービスであるため、法人建てしていない個人事業主やフリーランスは、残念ながら利用できません。

「ペイトナーファクタリング」は土日でも最速10分で資金調達可能

ペイトナーファクタリングの画像

サービス名 ペイトナーファクタリング
運営会社 ペイトナー株式会社
運営会社所在地 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階
電話番号
入金時間 着金まで最短10分
買取可能金額 1万円~25万円(初回)
手数料 一律10%
対応エリア 全国
法人・個人の利用 双方可能
取引形態 2社間ファクタリング
公式HP ペイトナーファクタリングの公式サイトはこちらをクリック

ペイトナーファクタリングは、かつて「yup先払い」と呼ばれていたファクタリングサービスで、曜日関わらず資金調達が必要となることが多い、個人事業主やフリーランス向けのオンライン型請求書買取サービスとしては、パイオニア的な存在と言えます。

初回利用時の買取限度額は25万円までと、少額取引に特化していて、大きな取引の多い事業者には不向きですが、取り引き・契約を重ねると最大100万円まで買取可能額を拡大可能です。

ペイトナーファクタリングを利用して資金調達

土日にペイトナーファクタリングで資金調達する手順・方法

[timeline]

[ti label=”STEP1″ title=”会員登録”]ペイトナーファクタリングの公式HPにアクセスし、メールアドレスとパスワードを入力して会員登録をする。(Googleアカウントでの登録も可能)[/ti]

[ti label=”STEP2″ title=”請求書・必要書類アップロード”]下院用ページにログインし、買取してもらいたい請求書のデータ(画像データやPDFファイルなど)、顔写真付きの身分証明書と実態確認資料(サイトURLもしくは口座入出金確認)をアップロードする。[/ti]

[ti label=”STEP3″ title=”審査結果の通知”]最短10分で、ペイトナーファクタリング側から、審査結果がメールにて通知される。[/ti]

[ti label=”STEP4″ title=”好きなタイミングで出金”]審査の結果買取可能であれば、手数料を引いた金額が指定口座に振り込まれるため、都合の良いタイミングで出金可能。[/ti]

[/timeline]

ペイトナーファクタリングの手続き・審査にかかる時間は最短10分と、ファクタリング業界の中でもトップクラスのスピードを誇っているため、悩んでいる暇がないほどです。

そのため、ペイトナーファクタリングに売掛金買取を申し込むときは、ある程度請求書の買取契約成立を、前提にしておいた方がいいかもしれません。

「ウィット」は少額資金調達特化型の土日対応ファクタリング

ウィットの画像

サービス名 ウィット
運営会社 株式会社ウィット
運営会社所在地 〒141-0022
東京都品川区東五反田1-6-3いちご東五反田ビル3F
電話番号 03‐6277‐0057
入金時間 審査開始から最短2時間
買取可能金額 500万円以下(下限なし)
手数料 5%~
対応エリア 全国
法人・個人の利用 双方可能
取引形態 2社間・3社間ファクタリング
公式HP https://witservice.co.jp

ウィットは、500万円以下なら「下限なし」で売掛債権を買取しているファクタリングサービスで、一般的な請求書だけでなく、受注時の注文書でも資金調達可能なのが強みです。

ファクタリング業者の中には、回収不能に陥るリスクがやや高まることから、個人事業主や中小企業が売掛先となる売掛債権の買取に、難色を示すところも多々あります。

しかし、このフィットは、創業間もなかったり事業規模がそれほど大きくない売掛先の売掛債権であっても、即時の審査基準によって積極的に買取を実施しているため、他のファクタリング会社から断られた方からの申し込みが多いようです。

ちなみに、ウィットはスピード樹脂で土日に資金調達可能な2社間ファクタリングに加え、売掛先に通知が幾3社間ファクタリングも取り扱っているので、売掛先の理解を得られる前提で、スピードより手数料を重視する場合は利用を検討しましょう。

土日にウィットで資金調達する手順・方法

[timeline]

[tl label=’STEP.1′ title=’申込’]  公式HP上の申し込みフォーム・電話またはLINEにて申し込みをと、折り返しの連絡が来るので簡単な質問に答える。 [/tl]

[tl label=’STEP.2′ title=’必要書類の提出’] 質問の回答内容に基づき、「通帳コピー6か月分・成因資料・身分証明書・会社謄本・直近決算書二期分」などといった必要書類が求められるので、メールやファクスにて提出する。 [/tl]

[tl label=’STEP.3′ title=’審査’] 質問の回答ならびに、書類の内容に基づいて審査が行われる。 [/tl]

[tl label=’STEP.4′ title=’条件提示と契約’] 審査が終了すると、買取金額・手数料などの条件が提示されるので、納得すればオンラインにて債権譲渡契約を締結する。 [/tl]

[tl label=’STEP.5′ title=’入金・振込’] 契約が完了すれば、遅滞なく指定口座に買取代金が入金・振り込みされる。 [/tl]

[/timeline]

 

「みんなのファクタリング」は非対面式で土日でも最速2時間で資金を振込

みんなのファクタリングの画像

サービス名 みんなのファクタリング
運営会社 株式会社チェンジ
運営会社所在地 東京都中央区日本橋室町一丁目11番12号
電話番号
入金時間 最短60分
買取可能金額 1万円~300万円(初回は30万円まで)
手数料 7,0%~15,0%
対応エリア 全国
法人・個人の利用 双方可能
取引形態 2社間ファクタリング限定
公式HP https://minnanofactoring.net

みんなのファクタリングは、2023年1月に創業したばかりの株式会社チェンジが運営する、まだ歴史の浅いファクタリングサービスです。

完全オンラインによる来店不要の手続きと、AI審査導入によるスピーディーな審査、それに土日の資金入金対応という特徴から、平日は日常業務で忙しくなかなか資金調達に動けない、小規模事業者やフリーランスの間で、徐々に認知度が高まってきています。

ファクタリング手数料が「 7,0%~15,0%」と、新進のファクタリング業者としてはやや高めですが、「手数料が割高だと審査が柔軟」というファクタリングの審査傾向と、300万円まで(初回は30万円まで)の少額取引特化であることを考慮すると、急いで少額の資金が必要な場合は非常に頼りになる存在です。

土日にみんなのファクタリングで資金調達する手順・方法

[timeline]

[tl label=’STEP.1′ title=’仮登録&会員登録’] まず公式HPにてメールアドレスと任意のパスワードを入力、入力したメールアドレス宛に認証メール記載のURLをクリックして仮登録を行う。その後、作成されるマイページから必要事項の入力や、顔写真付身分証等のアップロードをして会員登録を完了させる。 [/tl]

[tl label=’STEP.2′ title=’買取申請’] マイページ上にて、請求書や通帳等のエビデンス資料をアップロードし買取申請を行う。 [/tl]

[tl label=’STEP.3′ title=’AI審査’] STEP2にて提出した書類に基づき、AIによる審査が行われる。 [/tl]

[tl label=’STEP.4′ title=’契約依頼’] 審査に通過した場合は契約依頼可能となり、18時までの契約依頼すれば土日祝でも当日付で振込入金される。 [/tl]

[/timeline]

みんなのファクタリングで資金調達する際、必要となる書類は「発行済みの請求書」と「通帳など取引履歴を確認できる書類」だけと非常に少なく入手も容易です。

また、仮登録及び会員登録には会費も手数料もかかりませんので、土日に急遽資金が必要となった際に利用する資金調達手段として、利用する市内に関わらず、ひとまず会員登録まで済ませておくのも手です。

ファクタリングで土日でも資金調達できるのか徹底検証

土日ファクタリング

近年では、土日・祝日に関わらず営業・事業をしている方も多いため、急いでまとまった額の資金が必要となるケースも、平日に限らず土日に起きることもあります。

そして、一般的な金融機関が土日に営業していないため、資金調達法が見つからず困った経験をした方も多いはずです。

しかし、ファクタリング業者の中には、土日でも売掛金買取を受け付け、資金入金に対応しているところもあります。

そこで今回は、土日にファクタリングを利用する際の注意事項をお伝えしたのち、土日でも資金調達可能なファクタリング業者を紹介したいと思います。

一部のファクタリングなら土日でも資金調達可能

冒頭でも触れたとおり、ビジネスに励んでいれば、いつ何時資金が必要となるか誰にもわかりませんし、銀行などの金融機関の営業日や営業時間を考えると、土日・祝日のほうが資金調達の選択肢が狭まります。

そのため、ファクタリング業者側としても、資金調達を図る事業者の切迫した状況を鑑み、多くの業者は24時間365時間体制で売掛金買取の受付をしていますが、柔軟とは言えファクタリングにも審査があります。

そのため、土日にファクタリングの受付はしても審査部門が稼働しておらず、審査結果が出るのが受け付けの翌週以降となり、必然的に資金が手元に入金されるのも、翌週にずれ込むケースが多々あるのです。

しかし、業界全体としてはそれほどまだ多いとは言えませんが、土日に受付はもちろん審査とその後の手続きを行う部門も稼働していて、受付当日中に資金を入金してくれるファクタリング業者も存在します。

ファクタリングで土日に資金調達する際の注意点

前述した通り、ファクタリング業者の中には土日でも資金を入金してくれるところがありますが、そのファクタリング業者に申し込んだからと言って、必ず土日に資金が入手できるわけではありません。

そこでこの項では、土日ファクタリングで資金調達を試みる際、注意すべきポイントを4つ挙げておきましょう。

必要書類の準備

オンラインファクタリングの利用

入出金可能口座の確保

売掛金の厳選  

必要書類は抜かりなく用意しておく

ファクタリングに必要な書類はそれほど多くない上、入手自体も困難ではありませんが、「身分証」「通帳コピー」「請求書などの売掛金の存在を証明する書類」などは土日でもすぐ手に入ります。

一方、「登記簿謄本」「印鑑証明書」「納税証明書」など、役所などが発行する書類を求められた場合、それらの入手は役所などが開いている平日しかできません。

申し込みの段階で必要なかったとしても、審査の過程で追加提出を求められるケースもありますので、土日ファクタリングで必ず資金調達を成功させたい場合は、念の為「登記簿謄本」「印鑑証明書」「納税証明書」などを用意しておくと安心です。

オンライン完結できるファクタリングを選ぶ

通常ファクタリングでは、買取に出す売掛金を決め申込・申請をする際、身分証明書のコピーや請求書などの必要書類を、ファクタリング業者に提出し業者による審査を受けます。

また、審査合格後は「来店または訪問」による面談・債権譲渡契約を経て、資金が指定口座に入金されるというのが大まかな手順です。

しかしこの時、書類提出手段が業者への持参、または郵送などに限られていたり、業者が遠方で来店・訪問に時間がかかってしまう場合、当日中の資金入金が難しくなります。

一方、必要書類を画像やデータ化しメール添付などの形で受理し、審査後の面談・契約もZOOMやクラウドサインなどといったツールを活用することで、来店・面談不要のオンライン完結で資金調達可能なファクタリング業者も増えてきました。

土日営業していてファクタリング可能な業者であっても、手続き全般が来店・面談必須のアナログ方式だと、時間がかかって結局週明け以降の資金入金になりかねませんので、土日中に資金調達したい場合はオンライン完結型のファクタリング業者を選ぶとよいでしょう。

なお、売掛金の譲渡とその契約に当たって、売掛先への通知と承認が必要で、契約に売掛先も関与する「3社間ファクタリング」の場合、音来完結できず来店による3社での契約が必須となるので、土日にファクタリングしたい時は「2社間ファクタリング」を選びましょう。

土日でも入出金可能な口座を用意しておく

書類の準備が完璧で、来店不要のオンライン型ファクタリングへ申し込み審査もクリア、デジタルツールでの契約も済ませてあとは口座への入金を待つだけという状況であっても、安心するのはまだ少し早いです。

というのも、資金の振込先に指定した口座の金融機関が、土日の入出金に対応していない場合、ファクタリング業者からの入金ができない、または業者から入金されても出金できない可能性があります。

ファクタリング業者からの入金(口座振込)に関しては、今は多くの金融機関が365日24時間対応になっていますが、出金に関しては金融機関の窓口は土日閉まっていることがほとんどです。

ですので、土日でも資金を引き出せる金融機関(ネット銀行やコンビニ銀行)の口座を、ファクタリング時の資金入金指定口座として、事前に準備していたほうが良いでしょう。

可能な限り信頼度の高い売掛債権を買取に出す

来店不要なオンライン型のファクタリングをチョイスした場合、ファクタリング手続きの過程で最も時間がかかるのは、やはりファクタリング業者による「審査」になります。

ファクタリングの審査では、申込者自体の経営状況や信用情報より、売掛金・売掛先の信頼度が重視されますが、買取に出した債権の売掛先の知名度が低く、実績や経営状況に関する情報が少ない場合、どうしても信頼度の判断に時間がかかってしまいます。

一方、業界的に広く名前が知られており、稼働年数も長く実績などに関する情報が豊富にたやすく手に入る売掛先の場合は審査がスムーズに終了し、結果として資金入金までの所要時間も短くなります。

ですので、土日中に資金調達する成功率を高めたいのであれば、所有している売掛債権の中でも、できる限り信頼度が高いと思われる売掛先の売掛債権を、買取に出したほうが良いと考えています。

土日でも資金調達可能なファクタリングに関するよくあるQ&A集

最後に、土日でも資金調達可能なファクタリングに関するよくある質問や疑問点を、その回答とともにいくつか紹介しておきますので、参考にしてみてください。

Q:オンライン型ファクタリングでないと土日の資金調達はできないのですか?

A:オンライン完結型ファクタリングではない、つまり来店または担当者訪問による面談や、契約締結が必須となるファクタリング業者のなかにも、土日祝も当日付で資金を入金・振込してくれるファクタリング業者が皆無というわけではありません。しかし、土日対応の対面型ファクタリング業者の数はかなり少ないですし、仮に対応していても契約者が来店したり担当者が訪問するのにそれなりの時間がかかるうえ、お互いのスケジュール調整も必要となります。また、対面型のファクタリング業者は必要書類の提出に手間と時間がかかるところも多いため、土日に資金調達する成功率を高めたいのであれば、やはりオンライン完結型のファクタリングを利用すべきです。

Q:土日にファクタリングすると、平日より手数料が高くなったりしないのでしょうか?

A:基本的に、ファクタリング手数料は、買取に出した売掛金の金額(売掛金額が多い方が手数料は割安)売掛先の信頼度に基づく審査結果(信頼度が高い方が手数料が割安になりやすい)によって決定します。ですので、資金調達したいのが平日であっても土日祝であっても、ファクタリング業者・売掛金の額・売掛先が同じであれば、手数料はそれほど変わらないと考えてよいでしょう。ただし、土日に資金入金できるよう体制を整えるには、それなりに人的・システム的コストがかかるうえ、数料の算定はすべてファクタリング業者の裁量に委ねられています。結果、ファクタリング業者によっては土日に資金入金を求められた案件について、平日案件より手数料を高く設定してくるところもありうるため、複数の業者へ申し込みをして相見積もりをし、条件の良いファクタリング業者を選ぶことも大切です。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です